ワキ脱毛で人気ランキング。実体験からのおすすめは?

足の毛の処理。毛抜き、脱毛器、剃刀、でかゆくてたまらないアフターケアは大切に

そもそも痛くない毛の処理などというものが存在するのだろうか…
私にはわからない。毛の処理を始めたのは、足のすね毛が目立ち始めた中学校時代。
現在、30代。20年以上もの長い月日、除毛という行為と戦っている訳であるが、辛くないと言えば嘘になる。
主人からは「男みたいだな(笑」と罵られ続ける私のすね毛、除去しても翌日にはもう生えている。
大袈裟ではなく本当だ。
私のすね毛は濃くて、太くて、毛根もとても元気でしっかりしている。
薄毛に悩む方の頭に移植してあげたい位だ。
そんな剛毛なのに、初めて選んだ除毛方法が毛抜きでの除毛である。自殺行為に等しい。
猛烈な痛みとの戦いが30分以上続くのである。
しかし、若い10代の頃は耐えた。耐えれたのである。耐え抜いた結果、足に掻き毟った傷跡がたくさん残ることになった。
次に試した方法は脱毛器による除毛であるが、これは想像を絶する痛さで脱毛器購入後、2回ほど使用し、その後は見ることもなくなった。
家のどこかにあるのかもしれないが、正直見たくもない。電機店の脱毛器コーナーにも近づかない徹底ぶりで脱毛器の存在を私の中から消した。
最後の砦はカミソリにより除毛。これが一番痛くない方法ではあるが、除毛後の処理を怠ると猛烈な痒みと痛みに襲われることになる。
私にとっての除毛は痛いとの戦い